TOPへ戻る  >  投資信託販売会社の選び方

投資信託販売会社の選び方

銀行や郵便局、保険会社に証券会社と、意外と多くの金融機関で販売されている投資信託。この投資信託は、商品によっては複数の販売会社で取扱いされていることがあったり、なかには全く扱っていない金融機関もあるなど、販売会社によってかなり扱いの内容に差があること、みなさんはご存知でしょうか。

たとえば、購入を検討している投資信託が複数の販売会社で取り扱われている場合、あなたはどの金融機関・販売会社を選択しますか?投資信託は中・長期的な運用を行なう金融商品。

最初に選択した販売会社とは、その後も長いお付き合いをしていくことになるものです。だから最初の販売会社選びって、じつはとっても重要なんですよ。目先の商品のことだけではなく、販売会社そのものがどういう性質をもったところなのかを見極めて決めることが大切なんです。

たとえば証券会社系の場合は、初心者向けから上級者向けまで幅広い投資信託が取り扱われています。提供される専門的な情報も充実していて、選択の幅がかなり広い販売会社だと言えます。銀行や郵便局などは、支店数が多くわたしたちにとって身近な存在。そのために投資信託の初心者でも利用しやすい環境ですよね。ただ投資信託の購入や換金に関しては、投資信

託専用の口座を開いた支店のみでの取り扱いになるので、この点は注意が必要です。またインターネット銀行などの場合は、支店まで足を運ぶ手間が省ける上、自宅で自分のペースにあわせて取引が行なえる、また手数料が安いのが大きなメリットです。その反面、担当者がいないため情報収集や購入などの手続きはすべて自分で行なわなければなりませんし、口座開設までに数週間かかってしまう場合があります。

このように販売会社にはそれぞれタイプがあります。気になる会社をしっかり比較・検討しながら、自分にピッタリな使い勝手のよい会社で投資信託を購入するようにしたいですね。

将来のために個人年金 比較してみませんか?

サイトMENU

Copyright (C) 2015 投資信託とFXってどっちがいいの?. All Rights Reserved.