TOPへ戻る  >  投資信託購入時に必要なもの

投資信託購入時に必要なもの

投資信託が気になって、いろいろと調べてみた。購入する投資信託も決まった。ここまできたら、次はいよいよ実際に投資信託を購入することになります。投資信託を購入するときには、販売会社である金融機関などに口座を開設する必要がありますが、口座をあらかじめ作ってあってもすぐに購入できるというわけではないんです。では投資信託を購入するためには、どのような準備が必要になるのでしょうか。

投資信託を購入する際には、販売会社で必ず説明書である目論見書をもらって説明をしっかりと受けなければならないことになっています。ここで投資信託の特徴やリスク、費用などを確認することになります。それから販売会社で口座を開設するというステップになります。口座が開設できたら、つぎは購入したい投資信託の口数もしくは金額を伝えて申し込みを行ないます。投資信託の購入方法には口数指定と金額指定があるので、必ずどちらかを選択します。

ここまできたら、つぎは開いた口座に入金をおこないます。口数指定の場合は概算金額を、金額指定の場合は申し込み代金を入金します。申し込み時点では投資信託の基準価格は決まっていないので、直近の基準価格で仮計算して入金することになるので注意が必要です。

このように、投資信託の購入時には口座開設が必要になります。手続きには免許証などの本人を確認できる公的書類と印鑑が必要になるので忘れないようにしましょう。また目論見書を受け取って説明をしっかりと聞き、リスクや費用などを確認しなければなりません。投資信託は「買おう!」と思ってすぐに買えるものではないということ、お忘れなく。

サイトMENU

Copyright (C) 2015 投資信託とFXってどっちがいいの?. All Rights Reserved.