TOPへ戻る  >  外貨預金の基礎知識

外貨預金の基礎知識

外貨預金とは、読んで字のごとく日本円以外の通貨で預金をすることです。日本円を米ドルやユーロなどの外国通貨に変え、米ドルやユーロで預金します。日本円を外貨に変える時に、為替レートにより外貨に換算されますので、円高の時に外貨に変えることにより、より多くの外貨を預金できるので、タイミングがとても重要になります。

1990年以降日本の預金金利は大幅に低くなりました。最初は証券会社のみでしか預金できなかった外貨預金は、その後銀行や郵便局でもできるようになりました。また最近では実際に店舗を持たないネットバンクでも外貨預金が可能となっています。

外貨預金のメリットは金利が高いことにあります。また為替レートの影響を受けますので、預金するタイミング、解約するタイミングにより、利益が大幅に見込めるものとして人気があります。ただしタイミングを逃してしまうと、元本割れしてしまう可能性もありますので、慎重な判断が大切です。

はじめて外貨預金を行う場合、メジャーな通貨として米ドルかユーロが初心者にとっておすすめの通貨といえましょう。常に新聞やニュースなどでも米ドルとユーロは情報が確認できるからです。はじめて外貨預金をする場合、専門用語など基礎知識をよく身につけてから始めることをおすすめします。

サイトMENU

Copyright (C) 2015 投資信託とFXってどっちがいいの?. All Rights Reserved.