TOPへ戻る  >  外貨預金の金利

外貨預金の金利

外貨預金の魅力は金利が高いということでしょう。今日本の銀行に預金しても、ほとんど金利が見込めません。ところが外貨預金では日本の外貨定期預金で10倍から20倍もの金利で預金できるのです。たとえば定期預金の場合は次のような金利となります。(1千通貨単位以上5千通貨単位未満の標準金利の場合です。)

外貨預金(1ヶ月預金)
米ドル 0.02%
ユーロ 0.10%
オーストラリアドル 1.25%

外貨預金(6ヶ月預金)
米ドル 0.02%
ユーロ 0.10%
オーストラリアドル 1.55%

外貨預金(1年預金)
米ドル 0.02%
ユーロ 0.10%
オーストラリアドル 1.75%

特に金利が高いのはオーストラリアドルやニュージーランドドルです。この理由としてオセアニアは好景気により資金需要が活発になっていることがあげられます。経済が順調なので少しくらい高い金利を払っても資金調達をしたいという人が多く金利が高いのです。

オーストラリアとニュージーランドは世界でも有数の資源大国であるという点から好景気が続いています。オーストラリアには、オージービーフなどの家畜以外にも、穀物、原油、石炭などの資源が豊富なうえ、世界でも南アフリカに次いで、金の採掘量が多い国という特徴があります。このように国それぞれの内情によって金利に大きく影響しているというわけです。

サイトMENU

Copyright (C) 2015 投資信託とFXってどっちがいいの?. All Rights Reserved.