TOPへ戻る  >  外貨預金の手数料

外貨預金の手数料

日本の銀行にお金を預けるより金利が高い外貨預金は数年前から人気があります。外貨預金では外国為替手数料につい知っておく必要があります。外貨預金は円を外貨に変えて預金するわけですから、通貨を変える際に発生する手数料、それが外国為替手数料となります。

外国為替手数料は、円と米ドル、円とユーロなど2つの通貨を交換するときに金融機関へ支払う手数料のことです。外国為替手数料は、円を外貨に変える時の手数料(TTS)と、外貨を円に変える時の手数料(TTB)が発生します。TTSはTelegraphic Transfer Selling rateの略で、銀行が外貨を売る(円を外貨にする)時に用いられるレートのことをいいます。TTBはTelegraphic Transfer Buying rateの略で、銀行が外貨を買う(外貨を円にする)時に用いられるレートのことをいいます。

円を外貨に変える、または外貨を円に変える場合「片道」と言い、また円を外貨に変え、外貨を円に変えることを「往復」という表現をします。よく金融機関の外貨預金の説明の中に、往復2円、などのフレーズを見ると思います。これは円を外貨に変え、外貨を円に変える時に2円の手数料がかかりますよ、という意味です。一般的には米ドルで片道1円、往復で2円の手数料がかかります。外国為替手数料は通貨やその他条件によりそれぞれ異なる場合がありますので、確認することが必要です。

サイトMENU

Copyright (C) 2015 投資信託とFXってどっちがいいの?. All Rights Reserved.