TOPへ戻る  >  外貨預金と世界情勢

外貨預金と世界情勢

先般のリーマンショック以来、強い米ドルという概念が崩れつつあります。

その国の情勢により株価、為替はダイレクトに影響を受けるものです。世界のマーケットの中心は米ドルであり、世界の通貨の基準になっているのが米ドルです。従って日本円も米ドルを基準に円高・ドル安、円安・ドル高という表現をします。このように円高、円安という表現を使うときは対象となる通貨に対しての言葉です。

世界には米ドル以外にも通貨はありますので、対米ドルに対しては円高だけれど、対中国に対しては円安だったりします。外貨預金を始めようとする場合、通貨を選ぶ際に、いろいろな国の通貨と日本円を比較することにより、総合的な情報を把握することが大切です。今まで比較的安心だったユーロは、ギリシャの財政危機により対ドルでも対円でもユーロの価値が下がっています。これは、ユーロを通貨としている国がギリシャの財政危機の影響を受けていることにより、ユーロが売られて価値が下がっていることになります。

また、最近は中国や東南アジア、インドの経済が急成長していることで、その国の通貨の動きに注目している人もいます。災害や天災、戦争、暴動などもその国の通貨事情に影響を与えるものです。このように、いろいろな国の情勢を見ながら外貨預金で選ぶ通貨を選択するのがよいでしょう。

サイトMENU

Copyright (C) 2015 投資信託とFXってどっちがいいの?. All Rights Reserved.