TOPへ戻る  >  自己破産にかかる費用

自己破産にかかる費用

自己破産を検討する人は、逼迫した経済状況に晒されているものです。それだけに自己破産の手続きにかかる費用は大きな問題となります。

自己破産を行う際には、どの程度の費用がかかるのでしょうか。まず、すべての手続きを自分で行う場合。このケースでは収入印紙が1500円、郵便切手代が5000円程度、さらに予納金が2万円程度。総額で3万円程度が目安となります。一方、専門家に手続きを依頼する場合には実費に加えて着手金と報酬額がかかります。これは依頼する先が弁護士か司法書士かによっても金額が異なっており、弁護士が20~50万円程度、司法書士は15~30万円程度といわれています。自己破産を検討する際には、最低限この程度の費用がかかることを頭に入れておく必要があるでしょう。

サイトMENU

Copyright (C) 2015 投資信託とFXってどっちがいいの?. All Rights Reserved.