TOPへ戻る  >  自己破産と法律の補助制度

自己破産と法律の補助制度

自己破産をしたい、しかし厳しい経済状況が理由で手続きに必要な費用を捻出できないケースも起こり得ます。そんな場合には、法律で費用を援助する制度が設けられています。

これは法律扶助制度と呼ばれるもので、自己破産をする際に法律扶助協会が資金を援助してくれる制度となっています。これは国民が平等に裁判を受けられるために設けられたものです。援助額は司法書士に依頼する場合には10万円程度、弁護士に依頼する場合には15万円程度となります。専門家に自己破産を依頼する場合には15~50万円程度の費用がかかるといわれますから、この扶助制度は大きな意味を持ってくるでしょう。資金調達の見込みが立たずに自己破産に踏み切れずにいる人は、利用を検討してみるとよいでしょう。

サイトMENU

Copyright (C) 2015 投資信託とFXってどっちがいいの?. All Rights Reserved.