TOPへ戻る  >  借金の任意整理とは

借金の任意整理とは

返済が不能に陥りかけている借金を整理する場合の選択肢に、任意整理というものがあります。これは裁判など公的な機関や制度を通さず、当事者同士で解決を図る方法です。

この方法でポイントなるのは、あくまで借金の減額であって、自己破産のように棒引きではないこと、返済期間や金利の見直しなども目的となります。また、債権者全員の合意が必要で、返済期間は3年程度で定める必要が出てきます。複数から借金を抱えている、その中に消費者金融業者が含まれている場合には合意が困難になりがちです。また当事者同士といっても実際には弁護士や司法書士といった専門家に代行してもらうことになりますが、その能力によって結果が左右されがちな面もあります。できれば任意整理で解決したいところですが、合意に至れる状況かどうかの判断も必要になるのです。

サイトMENU

Copyright (C) 2015 投資信託とFXってどっちがいいの?. All Rights Reserved.